小幡税理士事務所の特徴

小幡税理士事務所の特徴

ITとクラウド会計を活用して経理作業を効率化します!

経理作業に時間を取られて、本業に集中できない。。または、経理作業よりも本業を優先してしまい、いくら利益が出ているのか把握していない。。

そんな状態になっていませんか?

クラウド会計は、うまく利用すれば仕訳入力作業を自動化することができますので、より本業に力を注げることになります!

そして、入力する手間が格段に減りますので、損益状況を簡単に把握することができるようになります!

もちろん完全自動ではなくデメリットもありますので、お客様の状況をじっくりお伺いした上で、クラウド会計を利用しつつ、御社に合った運用の仕方をご提案させていただきます。

また私自身、一般企業の経理をしていましたので、経理業務の効率化について考えてきました。

基本的にはクラウド会計などに代表するITやエクセルの使い方を活用し、御社に合った効率的な経理作業のやり方を一緒に考えていきましょう!

 

分かりやすく丁寧に解説します!

一般企業の経理の経験から、数字に関心が薄い社員に対し、専門用語を使わず誰でも分かる言葉を使って、噛み砕いて分かりやすく説明することを心がけてきました。

とかく士業は専門用語を使いたがりがちです。

例えば法人税の専門用語で「損金不算入」、または「別表加算」というものがあります。法人税を知らない方が聞いても??ですよね。

この意味ですが、【決算書と申告書では「利益」の範囲が違っているため、決算書上では経費計上していますが、申告書上では、経費に落ちない処理、すなわち利益を増やす処理をしていること】です。

このようになるべく分かりやすく説明になるよう、いつでもお客様の目線に立って考えています。

 

30代の若手税理士、フットワークの軽さが売りです!

60代が平均年齢の税理士業界で、30代の独立税理士は珍しいほうだと自負しています。

年配の税理士の方だとなんとなく遠慮してしまいなかなか腹を割って話せない…そんな心配は無用です。

私自身、税理士はお客様の役に立たなければならないサービス業であると認識しています。

先生なんて言われてふんぞり返るなんてあり得ないと考えております(そもそも先生とは呼ばれ慣れておりませんし先生と呼んでいただきたくないので…)。

一般的なご相談には迅速にご対応させていただきます。

 

明確な料金体系!

明朗会計です!

料金体系がすべて「時価」の高級なお寿司屋さんと同じ状態では、お客様が安心して依頼できるとは考えられません。

弊事務所では料金表を作成し、ホームページに掲載しています。料金表に書いていないことは、事前に見積もりを出し、料金が不明確なまま進めることは一切しませんのでご安心ください。

 

いつでも税理士が対応!

税理士と契約したのに、来るのはいつも税理士事務所の職員で、税理士とは相談できていない…

そんな悩みを色々な場所でうかがいます。

しかし、ご安心ください。

小幡税理士事務所は税理士である小幡剛史自身が、お客様と直接ご相談します。

 

税務調査に強い!

私が考える税務調査の強さとは、適正な決算申告、さらに細かい点で言うと、一つ一つの仕訳の正確さにある、と思います。

税務調査が始まってからの対応ではできることは限られます。

税務調査が来ない段階から、税務調査が入った場合にはどういう指摘を受けるだろうか、ということを常に想定しておく必要があります。

税務調査対応も健康維持と一緒です。

病気になってから、治療を始めるのではなく、健康な時から丈夫な体を作り予防しておくことが肝心です。

経営も健康を維持しつついつ税務調査が来ても抜かりないようにしましょう。

経営の健康維持は顧問契約にて承っております。

もし、税務調査が入るという連絡がある場合には、事前にどういうところが指摘される可能性があるのか、ということを経営者の方と共有させていただき、本番に望みます。

今度税務調査が入ってしまう!というお客様は「税務調査対応プラン」もございますので、ぜひご活用いただければと思います。